男性型脱毛症の特徴|AGAで元気が漲る|あなたを笑顔にする施術

AGAで元気が漲る|あなたを笑顔にする施術

男性型脱毛症の特徴

ドクター

5αーリダクターゼが原因

成人男性に襲い掛かる脱毛がAGA(男性型脱毛症)です。AGAは、頭頂部が薄くなってきたり、額の生え際が後退してきたりする脱毛症です。20代後半あたりから発症し、40代で完成するのが特徴です。脱毛するのは、男性ホルモンのテストステロンが脱毛ホルモン(DHT)になることが原因です。DHTは、テストステロンと5αーリダクターゼが結合すると生み出されます。5αーリダクターゼは頭頂部や前頭部に集中してあるので、つむじやひたいだけ脱毛しやすくなるのです。AGAは遺伝しやすいと言われています。5αーリダクターゼの量は遺伝によって決まるからです。しかし、AGA用育毛剤などを使うことで、AGAの発生や進行を抑えることができます。

人気の薄毛治療

AGAの治療ができる病院もあります。一般皮膚科や美容皮膚科などでは、5αーリダクターゼを抑える内服薬を処方してもらえます。飲むだけで脱毛が止まるプロペシアは、飲む育毛剤と言われていて世界中で人気です。プロペシアはほとんどのAGA治療をしている病院で取り扱いをしているほど普及しています。もっと専門的な発毛治療ができるのが、AGA外来などの専門の病院です。専門の病院はオーダーメイド治療なので、一人一人検査やカウンセリングを熱心にしてくれます。ただ進行を止めるだけではなく、新しく発毛する治療をしてくれます。薄毛治療というのは長く続くことが多いですが、途中で挫折しないように丁寧にケアをしてくれるのも専門病院の特徴です。

このエントリーをはてなブックマークに追加